社会福祉院 佐保山荘

所 在 地 〒630-8113  奈良市法蓮町393番地 TEL(代表)0742-36-8533
開設年月日 昭和28年3月20日
代 表 者 理事長 上田 裕巳
施 設 長 荘長  宇城 順子
定    員 30世帯 100名
施設規模 敷地面積 : 2,170.03u
建物面積 : 1,224.25u
構   造 : 鉄筋コンクリート5階建
        (2階の一部、3階〜5階)
職員構成 母子支援員
少年指導員
保育士
宿直職員
嘱託医
心理療法担当職員
個別対応職員
臨床心理士
あゆみ
佐保山荘は、1947年12月15日 創立者故上田政治が戦争未亡人7世帯を収容したことから始まりました。

   1950年 個人立から財団法人へ組織変更認可
   1952年 社会福祉法人へ組織変更認可
         高松宮殿下御視察
   1953年 児童福祉施設、母子寮佐保山荘設置、定員20世帯、70名とする。
         高松宮妃殿下御視察
   1954年 秩父宮妃殿下御視察
         母子寮、佐保山荘増改築
   1955年 定員30世帯、100名に変更認可
   1970年 建物老朽のため鉄筋3階建に改築
   1983年 創立30周年記念行事実施
   2001年 建物老朽のため移転新築
   2013年 創立60周年記念行事実施
  ▲上へ
とりくみ

 1.児童の健全な育成への援助           

・個別的学習指導と学校との連携による非行防止。
・子ども会、クラブ活動、法人行事、地域交流活動などを通しての健全な育成。


 2.母親の自立への援助

・入所時の各関係機関への連絡調整。
・各種相談、問題解決に向けての援助。
 (DV、就労、経済的問題、離婚問題、家庭の日常的な支援、子育て、対人関係、健康面他)
・母の会活動、クラブ活動を通して日常生活の充実を図る。
・心理担当職員、個別対応職員や臨床心理士を配置し、相談やプレイセラピーを通じて母子の心理面のケアに繋がるよう努めています。


3.緊急一時保護事業

・母子の緊急危機に備えて危機対応、緊急保護の充実を図る。
・親子を緊急に保護する必要が生じたとき、一時的に滞在できるように生活の場を提供し、
 必要な援助をする。


 4.地域交流事業

・子育てネットワークの核として、地域での仲間づくりのための情報提供や、勉強会、
 ボランティア活動など、場所提供という目的を持って活動への強化を図る。


 

▲上へ  
ポイント

 史跡を近くに自然の景観に包まれながらも近代的な都市機能が備わった
   理想的な生活環境の中にある。

 地域社会とのふれあい重視のふれあい会館の利用

 緊急一時保護などさまざまな母子ニーズにも対応

 24時間対応可能な保育機能システムとの連携。

 母子生活支援施設活動と保育園活動を通じての合築による
   複合施設としてのメリットと効果的な活用等がある。

きずな
生き生きとした睦まじい母と子の姿を
表したモニュメント 「きずな」

<居室部分>
緊急入所に対応のため、冷蔵庫や炊飯器などの電化製品の貸し出しを用意しています。

全室バス、トイレ、テラス付。冷暖房も完備しています。
(トイレ・バスは別)

和室 ほとんどが南向きです。

1DK〜2DK 家族により、いくつかのタイプがあります。
  ▲上へ
<共用部分>
学習室で子ども達のクラブ活動や学習、利用者の方々の交流の場等に使用しています。
ひよこサロンの様子
(乳幼児のお子様とそのお母様方対象)
学習室開放の様子
(学習支援、遊び)
ひよこサロンの様子 学習室解放の様子

調理室。お料理クラブ等で使用できます。

相談室。お母さん方同士で少しホッと話をしたい時
職員等に話をしたい時 利用できます。
▲上へ  




〒630-8113
奈良市法蓮町393番地
Tel:0742(36)8533
開園年月日:昭和28年3月20日
施設長(荘長):宇城 順子
定員:30世帯 100名

Map
map
GoogleMap

施設紹介
母子生活支援施設とは
年間行事
mail メール
苦情解決について
top Top
奈良社会福祉院